ペット火葬時に入れてはいけない物を入れてしまうと…

2020/10/28
logo

鹿児島県のペット火葬、葬祭、葬儀は【ペットセレモニー鹿児島】へお任せください。

 

大切な家族であるペットの最期をしっかりと見届け、弔ってあげたいと願う方が多く、ペット火葬をおこない供養するご家族さまが増えています。

ペットを火葬する際に、生前の思い出の品物を一緒に入れたいと思う方も多いですが、一緒に入れられないものもあります。

金属・陶磁器・ガラス製品・缶詰、ゴム・プラスチック・段ボールなどを一緒に入れてしまうと、大切なペットのご遺骨に影響が出てしまったり、火葬の妨げとなることもあります。

 

入れてはいけない物を入れてしまうと、、、

・金属、陶磁器、ガラス製品など…燃えずに残ってしまい、遺骨を傷付けてしまう場合があります。

・缶やガラス容器など…破裂、爆発してしまう危険があります。

・ゴムやプラスチック、ビニールなど…火葬中に黒煙が発生したり、臭いが出たりします。また、黒く塊で燃え残りお骨に影響が出てしまいます。

・段ボールや洋服、タオルなどの繊維系…ススや灰となって残り、お骨に付着するなどの影響が出てしまいます。

 

上記以外にもペットと一緒に火葬できるものに制限がありますが、少量であれば対応できるものもございますのでご相談ください。

フリーダイヤル 0120-39-3914かメールでお気軽にお問合せください。